おのでら慎一郎の「プロフィール」
これまでの足跡

■選挙区

横浜市旭区(定数3)

■生年月日

昭和31年2月12日
新潟県村上市生まれ。

■趣 味

写真・短歌・ドライブ

■家 族

妻と娘3人の5人家族

■経 歴

【学 歴】

【職 歴】

昭和46年3月
国立埼玉大学教育学部付属中学校卒業
昭和49年3月
私立巣鴨高等学校卒業
昭和54年3月
私立学習院大学文学部哲学科卒業
昭和54年4月
平凡出版株式会社 入社
(現 株式会社マガジンハウス)
総務部/ポパイ編集部/平凡パンチ編集部/書籍出版部/ブルータス編集部に勤務
平成9年10月
ポパイ編集長
平成14年10月
同社 退社
退社時役職は総務部人事課 課長
※平凡出版労働組合副委員長・書記長・委員長も歴任

■役職

【公明党】

公明党神奈川県本部 議会活動委員会 副委員長
公明党神奈川県本部 議会活動委員会 政策局 局長
旭支部長

【神奈川県議会】

平成29年度
 神奈川県議会 副議長
 防災警察常任委員会 委員

平成28年度
 公明党神奈川県議団 団長
 総務政策常任委員会 委員
平成27年度
 公明党神奈川県議団 団長
 総務政策常任委員会 委員
 予算委員会 委員
 観光審議会 委員

平成26年度
 公明党神奈川県議団 副団長
 厚生常任委員会 委員長
 ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査
 特別委員会 委員
平成25年度
 公明党神奈川県議団 副団長
 県民企業常任委員会 委員
 神奈川県競輪組合議会議員
平成24年度
 公明党神奈川県議団 政務調査会 会長
 環境農政常任委員会 委員
 経済活性化特別委員会 委員
平成23年度
 公明党神奈川県議団 政務調査会 会長
 建設常任委員会 委員
 神奈川県川崎競馬組合議会 議員
平成22年度
 公明党神奈川県議団副団長
 商工労働常任委員会委員長
 安全・環境対策推進特別委員会委員
 予算委員会理事
平成21年度
 公明党神奈川県議団副団長
 厚生常任委員会副委員長
 行財政改革特別委員会副委員長
平成20年度
 防災警察常任委員会委員長
 かながわ活性化特別委員会委員
平成19年度
 環境総合対策特別委員会委員長
 議会運営委員会副委員長
 県民企業常任委員会委員
平成18年度
 文教常任委員会委員
 交通・地域活性化特別委員会委員
平成17年度
 商工労働常任委員会委員
 産業振興特別委員会委員長
 決算特別委員会委員
平成16年度
 防災警察常任委員会委員
 安全・安心まちづくり特別委員会副委員長
 予算委員会委員
平成15年度
 総務企画常任委員会委員
 安全なまちづくり特別委員会委員
 決算特別委員会委員
 予算委員会委員




■少年時代

 1956(昭和31)年2月12日、新潟県村上市で誕生。その後は埼玉県鳩ヶ谷市、川口市で育つ。
  中学時代、父からもらった一冊の本(『挑戦』大森実・著)に衝撃を受け、将来はジャーナリズムの道に進もうと決心。趣味のひとつである写真を始めたのもこの頃だった。
 家計は苦しくも、気丈な母が父とともに働きながら大学まで通わせてくれた。大学3年のとき、父の経営していた機械部品工場が倒産。やむを得ず休学し、家計を支えるためアルバイトに奔走するが、「中途半端はいけない」と大学に復学。寝る間を惜しんで学業と仕事を両立させた。しんどかったが、充実した日々だった。

■出版社時代

 新卒は1,000人以上が受験して採用3人という厳しい競争のなか、運よく平凡出版(現・マガジンハウス)に入社。大学休学中の1976年に同社が創刊した『ポパイ』は、暗転した青春時代に差し込んだ一条の光だった。古い言葉だが、まさに「夢と希望」を与えてくれた雑誌。だから、一番入りたかった会社だった。
 『ポパイ』『平凡パンチ』『ブルータス』といった雑誌をはじめ、写真家・荒木経惟氏の写真集や、建築家・安藤忠雄氏、荒俣宏氏、嵐山光三郎氏、椎名誠氏など、多くの作家の著書に編集者としてかかわることができた。その後、総務部人事課を経て、『ポパイ』編集長という大任を仰せつかることに。
 また、同社の労働組合では、副委員長、書記長、委員長と執行部三役を計5年にわたって務め、育児休業制度の充実や介護休業制度の創設などに取り組んできた。

■現 在

 神奈川県議会議員 四期生。
 家族は、大学時代に出会った妻と、娘3人。旭区今宿在住。